いつまでたってもインストールですが、次にRedmineをインストールします。
Redmineはプロジェクト管理のためのシステムで、これもまたRailsで動いています。
思いついたことを適当に入力しておけるので便利です。

これからインストールするRedmineも、さきほどインストールしたRubyを利用するようにしてもいいのですが、なんとなくイヤなのでUbuntuのパッケージ管理に任せたいと思います。

データベースはひとりしか使わないのでsqliteでいいような気もしますが、後々使うかもしれないのでMySQLで行きます。


user@server:~$ sudo apt-get install apache2 libapache2-mod-passenger
user@server:~$ sudo apt-get install mysql-server mysql-client


注意!
2014/9/24に発見されたbashの脆弱性でbashとpassengerの組み合わせはヤバいです。
bashは確実に最新版にしておきましょう。

まずは以下のコマンドでインストールされているbashのパッケージのバージョンを確認します。



user@server:~$ dpkg -l | grep bash


表示されたバージョンとUSN-2362-1: Bash vulnerabilityにあるお使いのディストリビューションを比較して、必要ならbashを更新しておきましょう。

MySQLのインストール中に以下の画面が表示されるので、パスワードを設定します。
Screenshot from 2014-09-17 12:38:23

もう一度同じものを入力します。
Screenshot from 2014-09-17 12:38:36

そしてRedmineのインストール


user@server:~$ sudo apt-get install redmine redmine-mysql


データベースの設定の画面が表示されます。残念ながら私は熟練したデータベースの管理者ではないので、お勧めに従います。
Screenshot from 2014-09-17 12:42:27

mysqlを選択します。
Screenshot from 2014-09-17 12:43:50

パスワードを入力します。
Screenshot from 2014-09-17 12:44:14

パスワードを設定します。

Screenshot from 2014-09-17 12:44:46

再度入力します。
Screenshot from 2014-09-17 12:45:13

これで待っているとRedmineのインストールは完了です。
次にApacheを設定します。
Redmineのディレクトリをapacheから見られるようにリンクを張りましょう。
あと、www-dataというユーザーでRedmineを使うので、/usr/share/redmineのオーナーも変えておきます。


user@server:~$ sudo ln -s /usr/share/redmine/public /var/www/html/redmine
user@server:~$ sudo chown -R www-data:www-data /usr/share/redmine


次にApacheの設定ファイルを修正します。
まずは/etc/apache2/sites-available/000-default.confに以下の記述を追加。


<Directory /redmine>
    Options FollowSymLinks
    RailsBaseURI /redmine
    PassengerResolveSymlinksInDocumentRoot on
    AllowOverride None
</Directory>


次に/etc/apache2/mods-available/passenger.confを以下のように修正。


<IfModule mod_passenger.c>
  PassengerDefaultUser www-data
  PassengerRoot /usr/lib/ruby/vendor_ruby/phusion_passenger/locations.ini
  PassengerDefaultRuby /usr/bin/ruby
  RailsBaseURI /redmine
</IfModule>
 

では、Apache2を再起動して、アクセスしてみます。


user@server:~$ sudo service apache2 restart


そして、localhost/redmineへアクセス!
Screenshot from 2014-09-19 18:43:18

失敗!
こんなエラーメッセージ。
Web application could not be started
Phusion Passenger has listed more information about the error below.

cannot load such file -- bundler/setup (LoadError)
  /usr/lib/ruby/1.9.1/rubygems/custom_require.rb:36:in `require'
  /usr/lib/ruby/1.9.1/rubygems/custom_require.rb:36:in `require'
  /usr/lib/ruby/vendor_ruby/phusion_passenger/loader_shared_helpers.rb:245:in `block in run_load_path_setup_code'
  /usr/lib/ruby/vendor_ruby/phusion_passenger/loader_shared_helpers.rb:348:in `running_bundler'
  /usr/lib/ruby/vendor_ruby/phusion_passenger/loader_shared_helpers.rb:243:in `run_load_path_setup_code'
  /usr/share/passenger/helper-scripts/rack-preloader.rb:100:in `preload_app'
  /usr/share/passenger/helper-scripts/rack-preloader.rb:158:in `<module:App>'
  /usr/share/passenger/helper-scripts/rack-preloader.rb:29:in `<module:PhusionPassenger>'
  /usr/share/passenger/helper-scripts/rack-preloader.rb:28:in `<main>'
 

Bundlerが必要らしいので入れます。


user@server:~$ sudo apt-get install bundler


そして再度挑戦!
Screenshot from 2014-09-19 18:49:14

アクセス出来た!(MZ-2500のCM風に
Redmineの管理者はインストール直後はデフォルトでユーザー名admin、パスワードadminでログイン出来ます。
早急に変えておきましょう。